スポンサーリンク

2017年11月15日水曜日

将来につながる課題だといいな 日本代表対ベルギー

結果は0−1と敗けてしまいましたね

欧州遠征は2連敗となりました。4年前のザックジャパンの成績とは正反対のような成績ですね。

ただ、収穫がなかったわけではないので必要以上に下をむく必要はないかなぁと。確実に底上げはされているので、このまま課題を突き詰めていき、将来につなげていくことが必要だと思います。

もちろん、本戦で結果を残さないと意味はありませんが・・・

今回のベルギー戦で見えた課題としては

・速い攻撃が送らされた後の攻撃手段

・攻撃的なカードをきったあとのチームとしての守備力

の2つがあげられると思います。

1つ目の速い攻撃はアジア予選からトライしていたハリルジャパンの一番の目玉攻撃ですが、速い攻撃自体がまだまだちぐはぐだし、それ以上にいったん速い攻撃ができなくなると攻めてを欠くのも課題です。

このベルギー戦では、前半は浅野や大迫が裏を狙ってスピーディな攻撃ができていましたが、後半対策されると一気に攻撃がトーンダウンし、サイドで狭いゾーンで無理やりつないでパススピードが遅い横パスというパターンに陥っていました。

遅行からの中央突破やサイド攻撃というのはザックジャパンが得意としていた形ですが、今は香川くんや遠藤という中盤のキープレイヤーはいないので、攻撃が淡白化しがちです。

あの横パスは本戦では狙われると思います。

こんな感じでフィジカル系の3枚で中盤占めてしまうと、攻撃が停滞してしまうリスクがあるのが一つ目の課題です。

2つ目が攻撃的なカードを切ったときの守備力の低下です。この試合だと、前線に久保と中盤に森岡を入れた形でしたが、この二人が寄せきれなかったために失点しています。

攻撃的にいきたいけど、攻撃的なカードをきると守備力が下がる。ジレンマです。守備もできて攻撃もできる、かつての稲本のような選手はいないです。

ここのバランスは難しいところです。中盤の選択は難しいですが、前線は久保君よりは岡崎でしょうね。攻撃も守備もできるし。


この2つの課題はもう少し解消に向けて、本戦を迎えたいところです。

あと、今後の予想ですが、本田と岡崎はクラブで結果を出し続ければ代表復帰はできると思います。

香川くんについては、ドルトムントのパフォーマンスができればですが、それができないで今まで代表戦を過ごしてしまったので、アンフィット感から外されてもおかしくないかな・・・

柴崎くん、長澤くん、復調すれば清武もいますからね。


うーん、あとは選手と監督を信じるだけです。がんばれ!



スポンサーリンク